多文化共生センターについて

スタッフ紹介

枦木 典子(はぜき のりこ) 代表理事

〇プロフィール

長野県松本市出身。小学校教師を務めたのち、多文化共生センター東京の活動に参加。 2006年より7年間、「たぶんかフリースクール」で日本語や教科を担当し、学齢超過の子どもたちと触れ合いながら、高校進学をサポートする。2013年より理事、事務局スタッフ。 2014年専務理事、代表代行。2015年4月より代表理事。外国にルーツをもつ子どもたちもふくめ、多様な個性をもつ子どもたちと出会い、学ぶことの多いたくさんの時間と元気をもらってきました。

信田 将臣(しだ まさおみ) 事務局スタッフ

〇プロフィール

東京都出身。都内で塾講師を務めていたとき、外国にルーツを持つ児童生徒と家族が学習の相談をしに教室へ来たことをきっかけに、外国語として捉えた日本語の教授法に興味を持ち、日本語教育の勉強を始めました。そして、日本語教師の養成講座を受講するなかで多文化共生センター東京を知り、2017年から荒川区「ハートフル日本語適応初期指導事業」の指導員を務め、区内の小・中学校に通う、来日して間もない児童生徒のサポートに携わりました。その経験を経て、より様々な面で子どもたちと多く関わりたいと思うに至り、事務局スタッフとして働き始めました。

信川 悠希(のぶかわ ゆうき)  事務局スタッフ

〇プロフィール

大学では文学部で歴史を専攻、その後アメリカでPhotographyの第二学位を取得しました。 たぶんかではボランティアから数学講師、担任を経て事務局スタッフに入り、荒川校の教務です。 水分補給は珈琲です。

澤木 寛子(さわき ひろこ) 事務局スタッフ

澤木 寛子(さわき ひろこ) 事務局スタッフ
〇プロフィール

大学を卒業後、千葉県内の市役所に勤務してきました。 仕事や地域での外国につながる子どもたちへのボランティア活動などを経験する中で、 社会の変化に応じて、たくさんのニーズがあることを感じました。 これまでとは違った視点から、よりくらしやすい環境づくりに関わっていきたいと思うようになり、多文化共生センター東京で働き始めました。

伊藤 順子(いとう じゅんこ) 事務局スタッフ

〇プロフィール

ODAに係るコンサルタント会社で東南アジア・アフリカ等の開発途上国に関わる援助業務をするコンサルタント達を、国内からバックアップする管理業務に30数年携わりました。 多文化共生センターでは経理・労務関係業務をしています。引き続き海外からきた子ども達を支援する国際協力に、微力ながら携わることに喜びを感じている団塊世代です。 現在は卓球と草花を育てることに夢中です。

戴 思憶(たい すい) 事務局インターン

戴 思憶(たい すい) 事務局インターン
〇プロフィール

中国上海の出身で、17歳で来日し、東京都立全日制高校を卒業しました。多文化共生センター東京で、2015年11月からインターンとして働いてます。脳科学者になるため、働きながら大学受験を再チャレンジしています。多文化でも自分の高校受験や大学受験の経験を活かして、後輩たちの力になれるよう頑張りたいと思っています。

翁 羽翔(うぇん ゆうしゃん) 事務局インターン

翁 羽翔(うぇん ゆうしゃん) 事務局インターン
〇プロフィール

日本生まれ東京上海育ちです。現在は上智大学の総合グローバル学部に在籍しています。2018年の春から多文化でインターンを始めました。僕はバイトしながら予備校に通い、上智大学に一般入試で受かったので、受験勉強は頑張れば誰でも結果が付いてくるものだと思います。だから生徒たちも言語の壁があって大変だと思いますが、その壁を乗り越えて頑張っていけるよう支えていきたいです!

徐緒隆(じょ しゅろん) 事務局インターン

〇プロフィール

こんにちは、徐緒隆です。2019年7月からインターンとして、多文化共生センター東京で働きます。将来日本で自分の会社を立ち上げたいので、大学では経営学科を専攻しています。高校受験と大学受験をしたい子どもたちに自分の経験をシェアし、全力でサポートしていきたいです!

Copyright © Tabunka Kyosei Center Tokyo,
Created by OFFICE TOMOE Co., Ltd. 個人情報保護方針